楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/22 16:00

本当はコワい童謡、「指切りげんまん」の歌詞の意味とは?

吉原の遊女の風習がもとになったといわれる「指切り」(イラスト/竹本佐治)
吉原の遊女の風習がもとになったといわれる「指切り」(イラスト/竹本佐治)

 名物アラ還ライター・オバ記者こと野原広子は先日、取材で地方を訪れた時、子供たちが数人で『はないちもんめ』を唄いながら遊んでいる光景を目にした。あぁ懐かしいなぁ、自分にもあんな頃があったなぁと目を細めたものの、それと同時にあれこれ思い出したことがあるという。

 そう、誰もが子供の頃、なんの気なしに口ずさんでいた童謡の数々には、実はとってもコワい意味が込められていたことを。オバ記者が「本当はコワい童謡」の『指切りげんまん』に迫る。

 * * *
◆『指切りげんまん』
指切りげんまん 嘘ついたら針千本のます 指切った

 吉原などの江戸時代の遊郭では、遊女が意中の男性客に誓いを立てるため、自らの小指の先を切って渡すという儀式的な風習があった。げんまんは「拳万」と表し、嘘をついたら拳で1万回殴るに値するほど許せないという意。さらに高じて、針千本が付け加えられたという説もある。

 子供の頃の約束は、今風に言えば“努力目標”。やろうとしたけどできなかっただけのこと。やぶったところでどうってことない。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >