楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/23 07:00

温泉家・北出恭子さんが教える、”美的入泉”の極意3つ

年間300以上の温泉に入湯している温泉家の北出恭子さん
年間300以上の温泉に入湯している温泉家の北出恭子さん

 夏も終わり、そろそろ恋しくなってきている方も多い温泉。日本は、源泉の数が約2万7000以上という世界一の温泉大国だ。その効果を存分に活用しないなんてもったいない。医学博士の一石英一郎さんに科学的目線でオススメ温泉をピックアップしていただいた。

 年間入湯数は300以上という温泉家の北出恭子さんと共に早速訪れてみよう。紹介されたのは、長野県唐沢鉱泉。標高1870mの八ヶ岳国定公園内に、源泉を引いた宿は1軒のみ。源泉は10℃と低い冷鉱泉。水中に炭酸ガスが溶け込み、シュワシュワと天然の炭酸泡が気持ちよい。

「武田信玄の隠し湯として知られる秘湯です」(一石さん)。

 36℃のぬるま湯と41℃の熱い湯がある。壁の岩には苔が生え、山奥の神秘的な雰囲気が漂う。冷たい源泉(10℃)の炭酸泉を浴びることもできる。実際に入ってみた北出さんはこう語る。

「ぬるま湯と熱い湯を交互に、3セット入るのがおすすめ。冷水も天然の炭酸泉なので浴びないともったいない! 肌の脂も取れるので、湯上がりはすぐに保湿を」

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >