楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/29 07:00

競馬シーンを変えた「WINS」 今や特有の雰囲気は消えた

 平成になってからは、毎年のように新しいウインズがあちこちにオープンする(もちろん昭和の時代から何年もかけて地元の理解を得るため折衝を重ねてきた)。平成6年の香川・高松からはじまり、秋田・横手、鳥取・米子、青森・津軽、長崎・佐世保、山口・小郡など、それまで中央競馬と縁が薄かった地域にも建設された。子供の遊び場なども完備され、家族連れで出かけても違和感がない、明るい雰囲気の施設ばかりだ。また、有料定員制の「エクセル」や、非滞留型の「ライトウインズ」、さらに地方競馬場や、地方競馬の場外発売施設でも発売されるようにもなった。非開催の競馬場も、「パークウインズ」などと呼ぶようになった。

 しかし、世間では携帯電話が徐々に普及。平成7(1995)年に「ウィンドウズ95」が発売されてパソコンも身近になりつつあった。平成10年には電話・インターネット投票の加入者が100万人に達し、売上も1兆円を超えるが、それでもまだ30%以下で、ウインズでの売上が倍以上を占めていた。(この項続く)

●ひがしだ・かずみ/今年還暦。伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター。

※週刊ポスト2019年10月4日号



今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >