楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/09 16:00

医薬品・サプリ・食事、いかにして摂取すべきなのか

サプリは食品のため、用法・用量も表示できないが、基本的に食事と一緒に摂取する
サプリは食品のため、用法・用量も表示できないが、基本的に食事と一緒に摂取する

 健康への意識が高まる中、サプリを飲む人は多い。特にサプリや健康食品を利用する高齢者は多く、国の調査では60~70代の3割以上が「ほぼ毎日利用」と回答している(内閣府 20~79才の「健康食品」の利用者男女1万人を対象に調査 2012年)。

 若い世代と比べて頻度や複数種類を利用する率も高い。日常の健康がより切実になる高齢者にとって、サプリは重要なアイテムの1つなのだ。サプリは分類上“食品”のため、医薬品のように有効性を示す【効果・効能】は基本的に表示できない。

 昔は有効性を示す科学的根拠が乏しいとされたこともあったが、最近はその状況も変わってきたという。医学博士蒲原聖可さんはこう語る。

「ここ20年ほどの間に、サプリの基礎研究や臨床試験も数多く行われるようになり、特定保健用食品や栄養機能食品、機能性表示食品として、有効性を示せるものも増えてきました。どんな健康状態の人がどんなサプリを選べばよいか、より明確になりつつあるといえます」

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >