楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/12 07:00

「長生きする家」「早死にする家」天井やフローリングの対策法

吹き抜けのある家は憧れるが…
吹き抜けのある家は憧れるが…

 NHKが実施した「国民生活時間調査」によれば、60代男性が平日に家で過ごす時間は、平均で「約15時間」だという。定年後には自宅で過ごす時間はより増えていくが、住環境によって「病気リスク」が変わることはあまり知られていない。「長生きする家」「早死にする家」の特徴と、健康長寿のための“リフォーム術”を調査した。

【×=天井が高い、吹き抜けがある ○=「ファン」「サーキュレーター」で足元の冷気対策】

 高い天井や吹き抜けは開放感があるが、冬場には室内の温度管理に注意が必要となる。『「病気にならない家」6つのルール』(KKベストセラーズ刊)の著者で、住環境アドバイザーの上郡清政氏が説明する。

「暖かい空気は上に向かい、冷たい空気は下に向かって足元に滞留します。そのため、吹き抜けのある家や天井の高い家では、“室内の高低温度差”が生まれやすい」

 床付近は冷たく、天井に近づくほど暖かくなる──その健康リスクを示すデータがある。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >