楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/12 07:00

「長生きする家」「早死にする家」天井やフローリングの対策法

 国交省「断熱改修等による居住者の健康への影響調査」によれば、床付近の温度が15℃未満の住宅で生活している人は、16℃以上で生活している人に比べ、高血圧での通院が1.51倍に、糖尿病での通院が1.64倍に増えたという。

 また、床上1m以上の室温の低下よりも、床付近の温度が下がった時のほうが、血圧への影響が大きいという結果も示された。

「足元が冷えると、足の動きが鈍り、転倒による骨折や捻挫のリスクも高まります。天井に後付けのファンを取り付けることで、室内の空気を循環させることが重要です」(上郡氏)

 天井用のファンは、ホームセンターなどで数千円から購入できる。ただし、取り付けは高所での作業になるため、業者に任せるか、床に置くサーキュレーターを利用する手もある。

【×=フローリングなどの「冷たい床」 〇=「床用断熱シート」「滑り止めマット」を置く】

 床付近の温度が下がり、足元が冷えがちなのが、床暖房のない合板フローリングを使った床だ。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >