楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/09 07:00

有名大学の鉄道研究会が集結 「てっけんサミット」が熱い

「てっけんサミット」で展示された立命館大学の鉄道模型ジオラマ。貨物駅を再現している(筆者撮影)
「てっけんサミット」で展示された立命館大学の鉄道模型ジオラマ。貨物駅を再現している(筆者撮影)

 年に一度、全国の大学の鉄道研究会が集結する交流イベントがある。その名も「てっけんサミット」。一部公開のイベントで、大学外部からも鉄道好きの老若男女が詰めかけるという。9月に開催された「てっけんサミット2019」の様子を、早稲田大学鉄道研究会がリポートする。

 * * *
 去る9月6日と7日、京都市の立命館大学衣笠キャンパスにて、「てっけんサミット」が開催され、早稲田大学鉄道研究会(以下「当会」)をはじめ多くの大学の鉄道研究会が参加した。

 一口に「鉄道研究会」と言っても、普段の活動内容は読者の皆様にはなかなか伝わらないだろう。そもそも、鉄道趣味の世界自体、「撮り鉄」「模型鉄」「乗り鉄」等々さまざまな「○○鉄」がある通り大変幅広く、簡単に説明することは、鉄道研究会の一員たる筆者でも難しい。

 てっけんサミットとは、全国の大学の鉄道研究会を対象とした交流イベントで、一部公開もされるため、その活動内容を広く知ってもらう機会でもある。てっけんサミット実行委員会のホームページによれば、てっけんサミットは2009年から開催され、毎年全国の大学の鉄道研究会が持ち回りで主催を務める。開催地は年によって変わり、昨年は新潟大学が主催した。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >