楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/13 07:00

慢性的な頭痛 原因を見極めるための簡単な自己診断方法とは

頭痛の原因を見極める方法とは?(写真/PIXTA)
頭痛の原因を見極める方法とは?(写真/PIXTA)

「名医がいる病院」「いいクリニックの見分け方」。テレビや雑誌ではこうした情報が日々、提供されている。確かに、腕がいい医師がいて最新機器がそろった病院を選べば、質の高い医療を受けることができる。しかし、その治療内容が、根本的に違えば元も子もない。

 たとえば、単なる頭痛だと思っていたが、専門医に見てもらわなかったがために、その原因がわからず、症状が治まらない…なんていうこともあるだろう。

 また、 慢性的な頭痛で、鎮痛薬を手放せないという人も多いはずだが、そんな行為も危険をはらんでいる。寺本神経内科クリニック院長の寺本純さんが説明する。

「頭痛には、大きく分けて慢性頭痛と、ほかの病気に由来する頭痛があります。後者の原因の1つが最高血圧200mmHg以上が目安となる重度の高血圧です。血圧が高くなると脳の圧が高まって頭痛を引き起こす。逆に、脳脊髄液減少症という病気の場合だと脳の圧が下がることによって痛みが起きます」

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >