楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/24 16:00

長く飲み続けている薬 効用を副作用が上回るケースも多い

長く飲み続けていたら、見直しも検討を
長く飲み続けていたら、見直しも検討を

 生活習慣病の薬を中心に、高齢になるほど「長く飲み続けている薬」が増える。もちろんそれらの中には数値を安定させるため、いくつになっても飲み続ける必要のある薬もある。

 だが年齢を重ねるほど代謝が落ち、薬の効用を副作用が上回るケースも多い。高脂血症治療薬「スタチン」はコレステロール値をよく下げる薬だが、高齢者には効き過ぎのリスクが指摘されている。

 2017年にアメリカの医学誌『JAMA Internal Medicine』に掲載された論文では、調査した約2800人のうち、スタチン系薬剤を使用した人は、生活指導だけを受けた人に比べて死亡率が18%高く、75歳以上では34%も高かった。セルフケア薬局の薬剤師・長澤育弘氏が指摘する。

「目安として、75歳になったら、別の薬に切り替えるか、減薬を検討してもよいでしょう」

 もちろん、長く服用する薬を自己判断でやめることは大きなリスクを孕む。「必要なのは、まず医師に減薬を切り出すことです」と指摘するのは『知ってはいけない薬のカラクリ』の著者でナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師だ。

Rakuten Mobile
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >