楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/05 16:00

94才料理研究家が「これだけは遺しておきたい」いりこご飯

 ぬめりのある里いもは、前の晩にたわしでこすって汚れを落とし、一晩台所で寝かせると、皮が乾いてむきやすくなります。天地を落として、包丁で皮をお尻の方から上に、6回に分けて亀甲にむき上げます。ごぼうもきんぴらにする時よりも細かく切れ目を入れ、小さめのささがきにします。

 今回は、具材の残りを利用して、にんじんでもみじ、ごぼうで松葉、薄焼き卵で銀杏を型抜きして、紅葉の野山に見立てました。

「型抜きなんて、子供のお弁当用のものしかありません」というかたも多いでしょうが、せっかくのごちそうですから、おめかしして食卓に並べたい。わざわざ薄焼き卵を作る時間がないかしら? でも、そのひと手間が“心”なのです。

 時間はね、見つけるものではないの。つくるものなの。家族の笑顔を思い浮かべながら、ほんのひと手間、料理に遊び心を添えてくださいませ。

『いりこご飯』の作り方
【1】米3カップは炊く1時間以上前に洗い、水加減をしておく。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >