2017/05/13 07:00

ペット治療 不要な手術で170万円以上請求例も

その治療は本当に必要?
その治療は本当に必要?

 ペット医療には健康保険制度がなく、いわゆる“標準治療”もない。すべてが自由診療であり、診療代をいくらにするかは「獣医の言い値」となっている現状もある。しかも、ペットの犬・猫の数は減っているにもかかわらず、動物病院と医師数は増えパイの奪い合いとなっている。そのため、飼い主の無知や焦りにつけ込んで、“無駄な検査・治療”が少なからずあるのが現実だ。愛犬・愛猫のために知っておくべき正しい知識を紹介する。

●「ワクチン注射」の適正価格
 狂犬病の予防注射が法律で義務づけられるなど、「ワクチン注射」のために動物病院を訪れる機会は多い。しかし、ワクチンの価格は病院によってまちまちだ。

「狂犬病の予防注射の相場は3500円前後。その他3~5種類程度の混合ワクチンで5000~6000円。1万円未満で打てるものがほとんどで、それ以上は高いと考えたほうがいいでしょう」(ペット保険会社の社員)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >