2017/05/18 16:00

自分好みのワインを探すにはまず「旧世界」より「新世界」を

初心者にお勧めなのは「新世界」ワイン
初心者にお勧めなのは「新世界」ワイン

 昨今「ハイボールブーム」などがあるが、実は日本のワイン消費量は過去最多になっているのである。だが、ワイン売り場に並ぶ多くのボトルの中から自分好みのものを探し出すのは難しい。ベストセラーとなっている『図解ワイン一年生』の著者であるソムリエの小久保尊氏はこう語る。

「初心者にお勧めなのは『新世界』(アメリカ、オーストラリア、日本などヨーロッパ以外の国)のワインから選ぶことです」

 初心者向きの果実味のはっきりした“わかりやすくおいしい”ワインは、一般的に単一ぶどう品種で造られる「新世界」のワインに多い。

 しかも「新世界」の場合、ラベルにぶどう品種が書かれているので味が想像しやすく、もしそれが知らないぶどう品種でも、基本となる6つの品種(※注)と比べてどういう傾向の味なのかを店員に聞けばいい。

【※注/カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、メルロー、シャルドネ、リースリング、ソーヴィニヨン・ブランの6品種】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >