2017/05/23 07:00

命に関わる不整脈「心房細動」で脳梗塞を発症するリスク上昇

心拍の規則性が失われる心房細動を解説
心拍の規則性が失われる心房細動を解説

 心臓は4つの部屋に分かれ、上の2部屋を右心房、左心房、下の2部屋を右心室、左心室という。右心房の上部に洞結節(どうけっせつ)と呼ばれる部分があり、安静時で1分間に50から100回電気を発生する。この電気は心房から心室に流れ、それぞれの部屋が協調して収縮し、体全体に血液を効率よく送り出している。つまり、心臓に流れる電気の異常や刺激が適切な経路以外を通ると不整脈が起きやすくなる。

 命に関わる不整脈としては、心拍の規則性が完全に失われる心房細動がある。現在、日本で170万人の患者がいると推計され、治療が必要な不整脈の中で最も患者数が多い。日本初の不整脈治療専門医療施設、東京ハートリズムクリニックの桑原大志院長に話を聞いた。

「心房細動になると1分間に約600回もの頻度で心房が興奮し、心房と心室の協調性が失われます。心房の中で血液が淀み、血栓が作られて、脳梗塞を起こしやすくもなります。さらに、心拍数が早くなるせいで、心臓が疲弊して心不全を発症し、死亡リスクが上昇します」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >