2017/05/22 16:00

92才ばぁば お蕎麦はすすってください、手皿は不作法

料理教室ではユーモアたっぷりに解説しながら旬の献立を仕上げる
料理教室ではユーモアたっぷりに解説しながら旬の献立を仕上げる

「ばぁば」こと、鈴木登紀子さんは日本料理研究家で、1924年生まれの92才だ。46才のときに料理研究家としてデビューし、テレビをはじめ雑誌などで広く活躍。料理番組『きょうの料理』(NHK Eテレ)への出演は40年を超え、今も料理教室を主宰している。最新刊、『ばぁば 92年目の隠し味 幸せを呼ぶ人生レシピ』(1400円+税、小社刊)も大好評だ。

 そんなばぁばは、料理のマナーについてどう考えているのか。ある暑い夏の日、料理教室でのことだった。その日が初めての参加という1人の生徒さんが、テーブルにつくなり、バッグからペットボトルのお茶を取り出し、テーブルに置いた。すかさず、ばぁばの声が飛んだ。

「そのプラスチックは、この食卓にふさわしくありません。お茶はお食事後に、お茶碗でいただくのが作法です。いわんや、私のお教室では、食事中にボトルからお茶を直飲みせねば間に合わないようなお料理はお出ししておりません。お隠しくださいませ」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >