2017/06/01 11:00

景気上昇と流行が連動 2年後にハイレグ人気が再燃か

株式会社Ai(旧・三愛)の取締役・丸田隆司氏
株式会社Ai(旧・三愛)の取締役・丸田隆司氏

 バブルが華やかなりし1990年前後、男性誌のグラビアページを開けば、杉本彩、岡本夏生、かとうれいこ、飯島直子らが鋭いハイレグ水着を身に纏い、美を競っていた。なぜバブル時代に、ハイレグが受け入れられたのだろうか。女性用水着販売大手、株式会社Ai(旧・三愛)の取締役・丸田隆司氏は「やはり経済状況との関係は見逃せません」と語る。

「当時は女性の社会進出が騒がれた時代で、女性が遊びや自分にお金をかける豊かさがありました。自分を少しでも美しく見せたいという女性の欲求を、脚が長く、スタイルが良く見えるハイレグが満たしたのだと思います」

“景気が良いとミニスカートが流行る”という説がある。好景気では女性の脚の露出が増え、不景気だと減るというものだ。ハイレグの流行もこれと一致している。

「バブル景気が崩壊し、1994年頃にハイレグ人気も終焉を迎えています。この頃、ワンピース型の水着からセパレートのビキニが流行し始め、切れ込みもゆるやかになっていきました。1997年頃には完全にローレグになり、その後はパレオという腰巻も流行。足首まで隠れる大判のものも人気がでました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >