2017/06/13 16:00

しっかりしたワイヤーブラジャー 若々しくスタイルアップ効果

ブラトップやノンワイヤーが人気だが…(写真/アフロ)
ブラトップやノンワイヤーが人気だが…(写真/アフロ)

《女のパンツは心のプロテクター》――小泉今日子(51才)は、2009年「戦う女パンツ編」の中にそう書いた。パンツ→パンティー→黒いレース→四角いパンツ→Tバック…と年齢とともに変化するパンツと女心の機微を綴ったが、それはブラジャーにもいえること。

 スポーツブラを卒業した20代はリボンや小花などワンポイントがついたかわいいもの、TPOに合わせて着けるものを毎日変える30代になると、これでもかとレースが施されたインポートもののブラジャーの存在を知る。40~50代になってくると華やかな装飾だけでは通用しなくなり、体形がキープできる機能面を重視しなくてはいけなくなる。

 そんなブラの境界線をひょいと飛び越えるのが『ユニクロ』の『ブラトップ』である。キャミソールとの一体化、SMLのサイズ展開で締めつけ感が全くないことによるストレスのなさ、おまけにおっぱいの大きさなど気にせず「ありのままの胸でいい」と謳ったブラトップは、どの年代にとっても「待ってました!」の商品だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >