2017/07/02 16:00

男性更年期障害を診断する「男性力ドック」の中身とは

男性更年期障害を調べる「男性力ドック」とは?
男性更年期障害を調べる「男性力ドック」とは?

「やる気が起きない」「すぐにイライラする」「寝ても疲れが取れない」……そんな悩みや不調を感じても「年だからしょうがない」と自分を納得させているシニア男性は少なくない。だが、それらの原因は「男性更年期障害」かもしれない。ピークは42歳、50歳前後、60~65歳の3回あるとされている。

 代表的な男性ホルモンであるテストステロンは精巣(睾丸)で作られ、性欲を高める、筋肉や骨格をつくる、活力を増すなどの働きをする。しかし分泌量は20代をピークに徐々に減り、重度のストレスがかかるとさらに低下する。その影響で男性更年期障害が引き起こされる。

 症状としては、「眠れない」「動悸がする」「汗をかきやすくなった」「倦怠感」などで、女性の更年期障害と共通する特徴が多いが、男性に特徴的なのは性機能の衰えや、“緊張したり、夜中になると尿意をもよおす”などの排尿の不調だという。

 脇坂長興氏が院長を務める医療法人翠奏会・脇坂クリニック大阪では、今年5月から男性更年期障害を総合的に診察する「男性力ドック」を導入した。初診料はカウンセリング込みで約3万円だ(自費診療)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >