2017/07/03 16:00

犬が吐いた場合、まずは「嘔吐」か「吐出」かの判断を

犬が吐いたとき、病気かどうかの見極めは?(Ph:Thinkstock/Getty Images)
犬が吐いたとき、病気かどうかの見極めは?(Ph:Thinkstock/Getty Images)

 愛犬が吐いてしまい、心配したという経験がある方は少なくない。いくら周りの愛犬家に「大丈夫だ」と言われても、やはり不安にはなるものだ。そんな悩みを抱えた神奈川県の女性から質問がきた。

「わが家の愛犬は56才のポメラニアン。食後によく吐くので、知人に相談したところ、“犬はよく吐くので問題ない”と。でも、あまりに頻度が多いので心配です。病気なのでしょうか?」
神奈川県・けーこ(56才・パート)

 循環器が専門の白金高輪動物病院総院長・佐藤貴紀さんに、犬が吐く原因を教えてもらった。

 * * *
 犬が吐くといっても“嘔吐”と“吐出”があります。

 嘔吐は、胃や腸の内容物が食道を通って口から吐き出される状態をいい、吐く前に悪心などの前兆が見られます。食後しばらくしてから吐くことが多く、吐物は消化された食物や胃液などになります。

 嘔吐の原因として最も多いのが胃腸炎です。その他、朝に多く見られる場合は、空腹時の胃酸過多の可能性がいちばん高く、その他に基礎疾患として、内臓疾患、内分泌疾患、中毒症状、感染症などが考えられます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >