2017/07/07 11:00

疾病リスクを下げる歩き方 「夕方」の速歩きが最適との指摘

ただ歩けば健康になるというわけではない
ただ歩けば健康になるというわけではない

 東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利氏(運動科学研究室長)は、2000年から群馬・中之条町に住む人々を対象にした大規模追跡調査を行ない、身体活動と病気リスクなどの関係を調べる「中之条研究」を続けてきた。これは海外から「奇跡の研究」と称賛されるほどである。

 同研究では中之条町で暮らす65歳以上の全住民5000人を対象に、運動や身体活動の状況、食生活、睡眠時間、病気の有無などを聞く詳細なアンケート調査を年に1回行なって、健康状態を綿密に調べる。

 中之条研究で蓄積された膨大なデータから明らかになったのは、「歩くことは健康に良い」とするこれまでの“常識”が崩れたことだ。

 これは「歩く“量”だけでなく“質”にも注意を払うべき」ということであり、「歩数が多いほどいい、運動は激しいほどいい、という考えは誤り」「1日1万歩が健康の秘訣、は誤り」だという新常識である。

 その新常識とは、〈1日8000歩+中強度の運動20分〉が健康長寿をもたらすということだ。青柳氏はこの水準を「黄金律」と呼んでいる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >