2017/07/08 16:00

作家・百田尚樹氏「戦後の日本人は軍人への敬意を失くした」

作家・百田尚樹氏が日本人の戦争観に疑問を呈す
作家・百田尚樹氏が日本人の戦争観に疑問を呈す

 戦後70年を過ぎ、戦争の記憶はますます遠ざかる。『永遠の0』で知られる作家・百田尚樹氏は、元日本軍エースパイロットたちの証言を集めた戦記ノンフィクション『撃墜王は生きている!』(井上和彦著、小学館文庫)の解説で、日本人の戦争観に疑問を呈している。

 * * *
 著者の井上氏も書かれていますが、戦後の日本人は軍人に対するリスペクトというものを失くしてしまいました。

 軍人というだけで、まるで犯罪者のように見る「進歩的文化人」や「左翼ジャーナリスト」が戦後のマスメディアを支配していたからです。今も、野党の国会議員の中には、自衛隊員を「人殺し」とか「暴力装置」と表現する人がいます。こんな国は他にありません。

 他国においては、市民はおしなべて軍人に対する敬意を持っています。それは当然のことです。もし戦争となれば、彼らが命を懸けて自分たちを守ってくれるのですから。

 たしかに「戦争」はよくない。それは当たり前のことです。しかし戦争を憎むことと、軍人を憎むことは全然違います。軍人の究極の目的は国を守ること、そして国民の命を守ることです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >