2017/07/12 16:00

名字が生まれた農村風景が丸わかり、室町時代の集落を図解

多くの名字が生まれたと推測される室町時代の集落イメージ
多くの名字が生まれたと推測される室町時代の集落イメージ

 NHK『人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!』に出演する姓氏研究家の森岡浩氏が近著『名字でわかる あなたのルーツ』で日本人の名字がどのように生まれたか解説している。名字が生まれた中世から近世にかけて人口の9割を占めたのは農民であり、農村の風景には名字のルーツが詰まっている。

 別掲のイラストは、多くの名字が生まれたと推測される室町時代の集落だ。「山」に囲まれた「谷」で「川」や「池」を利用して「田」を作り、「稲」を育て、「米」を収穫した。どこにでもある里山の風景がさまざまな名字を生み、上記のような文字がよく使われた。水田にしにくいところは「畑・畠」にした。「畠」の字を分解して「白田」ともいった。

 田んぼの境界線を「くろ」といい、「畔」という漢字をあてた。この場所に柳の木を植えたのが「畔柳」で、のちに「黒柳」に変化した。

 山の中腹まで開墾し、そこに住んだのが「山中」や「山内」。麓には道が通り、「山下」には家が並ぶ。山の麓は薪(まき)を取るのに便利なうえ水も得やすく、当時の人には住みやすい場所だった。この場所は「山本」「山元」でもある。中国地方に多い「山根」も同じ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >