2017/07/20 07:00

セカンドオピニオン 最善に近い方法を教えてもらう方法

セカンドオピニオンで迷ってしまった時は?
セカンドオピニオンで迷ってしまった時は?

 かつては医師が権威として存在し、患者が診断や治療方針に口出しすることは難しかった。だが時代の流れとともに「複数の選択肢から治療法を検討したい」という患者のニーズが高まってきた。

 だが、セカンドオピニオン(以下「SO」)という言葉が浸透する一方で「どう実践すればいいかわからない」という声が少なくないのも事実だ。主治医と折衝を重ね、医師と病院が決まったら、SOの準備を進めることになるが、まず何を用意すればいいのか? ここではQ&A方式で見てみよう。

【疑問】
 紹介状や検査データは絶対に必要か?

【回答】
 答えは「イエス」。紹介状や診断データを入手しておかないと、「初診」と同じく最初から検査をやり直すことになり、時間のロスが大きい。病気が日々進行することを考えれば、迅速にSOを受ける必要がある。

 また主治医の同意がない場合、SOの結果を主治医にフィードバック(共有)できず、患者自身の判断で治療法を決定する必要に迫られる。医療という専門的かつ高度な領域においては、素人判断ほど危ういものはない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >