2017/07/16 16:00

酒は適量でも脳機能が低下する!? 英研究報告がもたらす波紋

やっぱりお酒は楽しい(写真:アフロ)
やっぱりお酒は楽しい(写真:アフロ)

 イギリスでアルコール摂取と脳の認知機能についての研究結果が報告された。「酒は百薬の長」はもう昔話になってしまうのか。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が解説する。

 * * *
 国内における禁煙志向や「たばこ=悪」というイメージが定着した近年、「たばこの次(にやり玉に挙げられるの)は酒ではないか」という声が聞かれるようになった。そうした環境下では嗜好品に対するネガティブなニュースは大きく取り上げられやすくなる。

 先日、イギリスで「アルコール摂取が多いほど脳の認知機能が下がる。”適量”だとしても脳機能は低下する」という研究結果が報告された。「週に30杯以上、飲酒する人は飲まない人に比べて5.8倍も海馬が萎縮しやすい」という調査結果に左党(という言葉も、死語になるのだろうか)が衝撃を受けたのはつい最近のことだ。

 もともと飲酒習慣と脳の萎縮や認知機能の低下に因果関係があるとい説自体は知られていたが、近年までは「適量であれば(さほど)問題ない」という説が一般的だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >