2017/07/25 07:00

【著者に訊け】谷崎由依氏 初の長編小説『囚われの島』

谷崎由依氏が初の長編小説『囚われの島』を語る
谷崎由依氏が初の長編小説『囚われの島』を語る

【著者に訊け】谷崎由依氏/『囚われの島』/河出書房新社/1600円+税

 この国の村々で蚕が飼われ、欧米列強に伍する国力の獲得の任を担ったのは、つい100年ほど前のこと。だが昭和恐慌後、日本の製糸業は壊滅に追い込まれ、〈オシラサマ〉等々、蚕と人を巡る伝説も今では遠い御伽噺にしか聞こえないが、しかし本当にそうなのかと、谷崎由依著『囚われの島』を読むだに途方に暮れた。

 主人公は上司との不倫を持て余す新聞記者〈静元由良〉。ある日、なじみのバーで盲目の調律師〈徳田俊〉に絡み、サングラスの奥の素顔を覗いてしまった彼女は、後日仕事帰りの徳田を尾行、彼と急接近していく。

 実は彼と彼女は同じ島の夢を見、特に徳田はいつかその夢に殺されるのではないかと怯えていた。不吉な夢の暗示と、かつて〈蚕都〉として栄えたある島の伝説。職場や家族とのしがらみに悩む現代女性の今が交錯する、幻想的でいて看過できない、警告の物語である。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >