2017/07/30 16:00

手のひらに豆粒的しこりが出現 デュピュイトレン拘縮治療法

デュピュイトレン拘縮の治療法を解説
デュピュイトレン拘縮の治療法を解説

 デュピュイトレン拘縮(こうしゅく)は、約200年前にフランス人外科医のデュピュイトレン男爵が報告したことから、その名が付けられた。

 北欧在住の男性に多いことからバイキングの病気と呼ばれ、日本人には少ないと思われていた。しかし近年、群馬大学が農村地区の40歳以上の男女を対象に調査したところ、男性で11.7%、女性でも3.8%に、症状がみられたという報告がある。

 この病気の初期症状では、手のひらに豆粒のようなしこりが出現する。しこりが指の方に向き、縦に伸びていくにともない、徐々に指が伸ばせなくなり、関節の動きが制限される。痛みはないが、腱鞘炎などの合併症で痛みを感じることもある。JR東京総合病院整形外科の三浦俊樹部長に聞いた。

「しこりは、傷が修復する際にできる瘢痕のようなもので、その正体は増殖したコラーゲンです。本来、指の曲げ伸ばしを担う筋よりも表面に近いところで、硬い腱のような組織ができて指が伸ばせなくなります。発症原因は不明ですが、仕事などで手のひらに小さな傷が生じ、何度も修復を繰り返すことで発症に関与すると考えられています。また、糖尿病や飲酒も発症に関係するともいわれています」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >