2017/07/31 16:00

薬の併用 患者の健康リスク分けるボーダーラインは何錠?

薬は何種類まで併用してよいのか
薬は何種類まで併用してよいのか

 病院で何種類もの薬を処方されても、「これも病気を治すためだ」と日々、忘れずに飲み続けている人は多い。だが、その努力は“逆効果”になってしまうかもしれない。オランダ・ラドバウド大のジェローン・フォックス教授が2016年、心房細動の薬を常用している患者約1万8000人を対象に行なった調査では、約76%が5剤以上の薬を服用していた。

 そのうえでフォックス教授が注目したのは「薬の処方数と健康の関係」だ。この調査では、心室細動の薬以外、服用している薬剤の種類が多いほど死亡率が増加し、薬を合計で6剤(6種類)以上服用している患者は、5剤以下の患者よりも、脳卒中または全身性塞栓症の発生率が高くなっていた。

 日本にも同様の報告がある。東京大学医学部付属病院の小島太郎医師らが1995~2010年に65歳以上の高齢者2412人のデータを元に、投与薬剤数と有害事象(検査値の悪化など好ましくない症状のこと)の発生率の関係を調べたところ、「1~3剤服用」における有害事象の発生率は6.5%だったが、「6~7剤服用」では13.1%と倍増し、「10剤以上服用」では13.9%まで上昇した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >