2017/08/11 07:00

【書評】歌舞伎の裏方のイロハから学んだ研究者の論述

【書評】『ちゃぶ台返しの歌舞伎入門』/矢内賢二・著/新潮選書/1200円+税

【評者】池内紀(ドイツ文学者・エッセイスト)

 先年世を去った十二代團十郎から聞いたことがある。幼いころ目玉焼きが大好きで、いつも一番最後にとっておいたが、そのうち一番最初に食べることにした。ある朝、父がやにわにちゃぶ台をデングリ返したからだ。

 父・十一代團十郎は海老蔵のころから、「花の海老さま」とうたわれた花形役者だった。その人が朝のちゃぶ台をすっとばすなど、何にイラ立っていたのだろう? 昭和三十年代、歌舞伎人気が底をついたころで、歌舞伎座にはカンコ鳥が鳴いていた。屋台骨を支える身として、ままならぬ世相に、カンシャクが起きたのか。大名跡を継いで三年後に死去。

 矢内賢二は四十代半ばの若手芸能研究者である。不人気の名ごりをとどめたガラガラの歌舞伎座三階席で開眼。ファンにとどまらず、国立劇場に就職して、裏方のイロハを学ぶことから始めたあたりが並の学者ではない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >