2017/08/17 07:00

「B型肝炎ウイルス」再活性化は免疫抑制・化学療法で発生

B型肝炎ウイルスの注意点を医師が解説
B型肝炎ウイルスの注意点を医師が解説

 B型肝炎は、主に血液を介して感染する。以前は母子感染が圧倒的だったが、成人では避妊具なしの性交やピアス、入れ墨の際に使用する針の消毒が不十分なために感染することもある。日本のB型肝炎ウイルスは、ジェノタイプBとCが主だったが、近年はヨーロッパ由来のジェノタイプAという慢性肝炎になる確率の高いウイルスが風俗産業を中心に蔓延し、そこで感染するケースも増えている。

 B型肝炎ウイルスは、感染しても一過性で症状が消えることが多く、約8割から9割がキャリアとなる。無症候性だが、約20年以上経過したときに肝炎をぶり返し、活動期間になっていくケースもある。日本大学板橋病院消化器内科の楡井和重診療准教授の話。

「慢性肝炎になっても、自覚症状はほとんどありません。肝臓は沈黙の臓器といわれるだけあって、たまにだるさを訴える方もいらっしゃいますが、ほとんど気づきません。健康診断で指摘されたり、ときには突然、黄だんや腹水が溜まって病院に駆け込む方もみられます。C型肝炎は徐々に症状が進行しますが、B型はよくなったり、悪くなったりして病状が交互に変化する特徴もあります」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン