2017/08/14 16:00

日露戦争でロシアに敗北を認めさせた「小村チュー公」

同僚には「小村チュー公」と呼ばれた 近現代PL/AFLO
同僚には「小村チュー公」と呼ばれた 近現代PL/AFLO

 薩長藩閥が権勢を拡大した明治の日本。歴史家・八柏龍紀氏は「賊軍として長く不遇をかこちながらも、官軍権力への反骨精神をバネに近代日本の礎を築いてきた人々がいたことを忘れてはならない」と指摘する。ここでは小村寿太郎を紹介する。

 * * *
 封建的身分制に埋没していた古い日本に「文明開化」という曙光が浴びせられ、近代的な教育制度が導入されて四民平等の明るい国になった多くの日本人は明治維新にこんなイメージを抱いているはずだ。

 だがそれは正しくない。維新の原動力となった薩長藩閥勢力が「勝ち組」として顕官や要職を独占したのが明治国家の実態であり、賊軍とされた東北諸藩や規模の小さい藩の出身者は「負け組」としてほとんど出世の糸口がつかめない「格差社会」だった。

 日向国飫肥藩(現宮崎県日南市)の下級藩士小村家の長男として生まれた小村寿太郎も本来は「負け組」の一人だった。地味な小藩出身の上、身長は150cmに満たず貧相な顔をしており、見た目でも多くのハンデを抱えていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >