2017/08/11 16:00

登山遭難事故増加、スマホ普及で登山者同士の会話減も影響か

『TREK TRACK』専用デバイス
『TREK TRACK』専用デバイス

 8月11日は山の日。山といえばアウトドアブームの一方で遭難事故が増加傾向にあり、国土交通省の発表によれば、2016年の山岳遭難は発生件数2495件、遭難者は2929人。発生件数、遭難者数は、統計の残る昭和36年以降、前年に次いで過去2番目に高い数値を示している。1988年までは発生件数は年間おおよそ500件前後で推移していたが、その後は歯止めがかからず、この30年で5倍にも増えた計算になる。遭難者数も同様で、約4倍の増加だ。

 年齢層別では、遭難者のうち40歳以上が2269人と77.5%で、このうち60歳以上が1482人。また、死者・行方不明者では、40歳以上が289人と90.6%、このうち60歳以上が215人を占めている。

 そのなかでも、目立つのは単独登山(山菜・茸採り、観光等も含む)における死者・行方不明者数。これは184人で、単独遭難者の18.6%を占めており、2人以上の複数登山における遭難者のうち死者・行方不明者が占める割合(7.0%)と比較するとかなり大きい割合であることがわかる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >