2017/08/23 07:00

大腸がん80歳男性、「人工肛門リスク」あったが手術決断し…

高年齢でのがん手術は正しい選択なのか
高年齢でのがん手術は正しい選択なのか

 がんの3大療法は「外科手術」「抗がん剤治療」「放射線療法」だ。とはいっても、高齢者にとっては、副作用や手術の肉体的負担など、いずれもハードルが高い。実は75歳以上のがん治療には統一された「治療ガイドライン」が存在せず、「治療しない」という選択をする人も多い。特に抗がん剤治療では、今年4月、国立がん研究センターが「75歳以上の進行がんには効果なし」と報告した例もある。そんな中、75歳以上の患者へのがん宣告にも変化が現れ始めている。

 大阪在住の80歳男性・A氏のケースを紹介したい。A氏は5月下旬から便通が滞り、10日ほど大便が出ないこともあった。6月上旬には血便も出たという。妻の強い勧めで総合病院の消化器科を受診。レントゲン、大腸内視鏡検査を行なうと3日後に診察室に呼ばれた。挨拶もそこそこに、医師はすぐ本題に移った。

「大腸がんですね。ステージIIで比較的初期といえますので、手術を選択してはどうでしょう」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >