2017/08/29 16:00

食品ロスを減らす冷蔵庫裏ワザで食材がいつもの倍近く長持ち

ピーマン、パプリカの保存の目安は1か月
ピーマン、パプリカの保存の目安は1か月

 冷蔵・冷凍保存の裏ワザをご紹介。ほんのひと手間で食材のロスをゼロにする。「キッチンペーパーにくるむ」「保存袋に入れる」「水を入れた保存容器に浸す」。これだけの“手間”で、食材がいつもの倍近く長持ちするとしたら…。今日から試さない手はない!

<野菜>
 ピーマンやパプリカ、ゴーヤー、かぼちゃなど、種とわたが取れるものは取り、適当な大きさにカットしたら、切り口にキッチンペーパーをかぶせて保存袋に入れるか、ラップで包む。保存は野菜室で。

 冷凍する場合は、種とわたを取ってから使いやすい大きさに切り、保存袋に入れて空気を抜いて閉じる。ゴーヤーは薄切りにして1分ほど水にさらし、水分をしっかり拭いてから保存袋に入れる。

 傷みやすいもやしは、保存容器に移し、たっぷり水を入れ、冷蔵室へ。2日に1回水を換える。みょうが、豆苗、セロリも同じ方法でいいが、水の取り換えは3~4日に1回でOK。

 もやしを冷凍する場合は、未開封のものは包装された袋のまま保存袋に入れて冷凍。使いかけの場合は、洗ってから水分を拭き、保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍室に。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン