2017/09/04 07:00

認知症行方不明者は年間1万5000人 死亡で発見も多数

認知症の行方不明者は激増中
認知症の行方不明者は激増中

 嘘だろ。たった10分、コンビニへ買い出しに行っただけなのに──。さっきまで、妻はテレビを見て笑っていた。夕飯のおかずと飲み物を急いで買ってくるくらいなら、大丈夫だろうと思っていた。

 テレビはついたまま。飲みかけの湯飲みからは、まだほんのり湯気が立っている。座っていた座布団は凹んだままで、温もりが残っている。携帯も財布も、外出する時にいつも履く靴もそのまま。認知症の妻だけが、いなかった。

 それでも、その時は“すぐに保護されるだろう”と思っていた。70すぎの女が、自分の足で遠くに行けるはずがない。

 だが、違った──。2年経っても、3年経っても妻は見つからなかった。ニュースで「高齢女性の遺体が発見された」と聞くたびに、心臓が波打つ。“妻でありませんように”。そう祈る一方で、最近では“遺体が妻だったら楽になれるのに”と頭をよぎるようにもなってきた。

「消えた人」であれ、あるいは「待つ人」であれ、こんな《悪夢》が、数年後の日本では誰の身にも現実に起こり得るのかもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >