2017/10/03 07:00

橋爪大三郎氏「西郷隆盛は日本右翼の原型である」

出征兵士を見送る人々 共同通信社
出征兵士を見送る人々 共同通信社

 幕末維新の立役者のなかでも、なぜ結果的に“敗軍の将”となった西郷が後世の日本人に英雄視されるのか。社会学者・橋爪大三郎氏によれば、そこに、近代日本を読み解くヒントがあるという。橋爪氏が解説する。

 * * *
 西郷隆盛には、いつでもどこか、死の影がつきまとっている。西郷隆盛は、有能な軍指揮官だった。政略と戦略の原則をわきまえ、部隊を統率し、勝利に導いた。江戸の無血開城に成功したのはそのハイライトだ。

 まず要衝を押さえて、江戸を力攻めできる構えをとる。つぎに単身、敵中に乗り込んで、有利な和平を呑ませる。自らを捨て石にする豪胆な行動が、説得力をもった。交渉術に、西郷の本質がにじみ出ている。

  勝海舟は海軍である。海軍は、列強から艦船を輸入し、兵員を訓練して、いちから軍を編制する。開明的で合理的であるほかない。西郷隆盛は陸軍である。薩摩藩士に優秀な装備を与えて、国内を転戦する。伝統的人間関係のうえに、指揮統率が成り立っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >