2017/09/10 07:00

超便利な近未来型マンションの「充実装備」を夢想してみた

究極の省力化で未来のマンション暮らしはより便利に
究極の省力化で未来のマンション暮らしはより便利に

 最新の家電といえば、全自動化、機器どうしの情報がつながったIoT(モノのインターネット)、さらにはAI(人工知能)を駆使した進化が目覚ましい。だが、いざマンション内の部屋や共有スペースを見回してみると、まだまだ省力化できそうなところは多い。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、“近未来型マンション”の姿を提案する。

 * * *
 先日、とある総合電機メーカーの方が、私を訪ねてこられた。その目的は、「今後のマンションに求められる設備などにつき、当社としてビジネスチャンスがあるのかどうかも含めて榊さんにお伺いしたい」ということだった。

 こういう類のオファーは初めてだったが、他人の考えないことを考え、それを実行するのが大好きな私としては、楽しみながらいろいろとアイデアを出してみた。

 自分で定めたコンセプトは「まだ人間が行っている作業は、すべてがフロンティア」というもの。

 これまでに人間は洗濯機や掃除機を発明し、普及させることによって家事労働を著しく省力化してきた。しかし、まだ人間が作業しなければならないところも多い。そういうところこそビジネスのフロンティアになり得るのではないか、というのが今回のアイデア出しのコンセプトなのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >