2017/09/12 07:00

【書評】妥当な言葉を拾いだすために心を砕いたジャズの論評

【書評】『〈ポスト・ジャズからの視点〉I リマリックのブラッド・メルドー』/牧野直也・著/アルテスパブリッシング/1900円+税

【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授)

 ジャズは、1960年代で歩みをとめたと、よく言われる。フリーの頂きへたどりついたあとは、かつての形式をなぞるだけ。70年代以後は、それを洗練していくことに終始した。今は以上のように話をまとめることが、ジャズ語りの常套になっている。だが、フリーへはむかわずに新しい途をさぐってきた演奏家も、いなくはない。ブラッド・メルドーも、そんな志をもったピアニストのひとりである。

 あっ、この人、おもしろいことをやっている。20世紀末に、そのトリオ演奏を聴いてそう想った。だが、ピアノの響きじたいに、華はない。チック・コリアの生気やキース・ジャレットの艶とくらべれば、たいそう地味である。いったい、この人のどこに自分は新鮮さを感じているのか。おもしろいと言いながら、私にはそのことがよくわかっていなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >