2017/09/14 16:00

【著者に訊け】21万部ヒット『定年後』執筆の背景

「ベストセラー小説と、定年後を取り上げた一般書籍や雑誌記事にはズレがあるんです。小説以外で、人や社会とのつながり、心の問題を書いている本はほとんどない。だから、この本は、ポイントをそこに置きました。ぼく自身、生命保険会社に長いこと勤めて、お金の大切さもわかっているつもりですが、読者の本当の関心は、むしろお金以外のところにあると思っていましたから」

 楠木さん自身は、会社員生活のかたわら50代で執筆活動を始めた。47才のとき、うつ状態で休職したことをきっかけに、会社員以外の居場所を探したという。2年前に60才を迎えると、再就職や雇用延長はせずに退職、自身も一人の定年退職者としてこの本を書いた。

 豊富な取材にもとづくさまざまな人の体験談と同時に、楠木さん自身の経験も織り込まれている。「亭主元気で留守がいい」の章では、奥さんから、執筆は自宅ではなく「事務所でしてほしい」と言われて絶句したことも書かれ、この本を身近な、魅力あるものにしている。

「元気で動けるのはあと何年か。定年後は、逆算型の生き方をこの本では提案していますが、調子よく生きてるときはなかなかできないんですよね。自分の病気や家族の問題、会社のリストラですとか、外から見たら挫折体験と思える経験をして初めて、人生は有限だと思って動き出す人が多い。マイナスが、長い目で見るとチャンスになることもあるんです」

■取材・文/佐久間文子

※女性セブン2017年9月28日号

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >