2017/09/21 16:00

糖尿病性認知症、血糖管理で発症の予防や症状の改善も可能

糖尿病性認知症の最新知見を解説
糖尿病性認知症の最新知見を解説

 糖尿病患者の認知症発症リスクは、健常者の2倍以上という疫学研究の報告がある。認知症にはアルツハイマー型と脳血管性認知症があるが、実はその2つとは違う認知症があることがわかってきた。それが糖尿病性認知症だ。

 罹病期間が20~30年と長く日ごろから血糖コントロールが悪い、すでにインスリン治療を受けている糖尿病患者に多くみられる。

 糖尿病を合併した認知症患者約240人を連続的に調査したところ、アルツハイマー型と診断されたのが半数、脳血管性は約20%、糖尿病性認知症が約10%で、残りが混合型や、その他の認知症という結果が出ている。

 東京医科大学病院副院長で認知症疾患医療センター長の羽生春夫主任教授に聞いた。

「アルツハイマー型認知症は、近時記憶が障害される症状が最初に現われます。しかし、糖尿病性は記憶の障害はありますが、アルツハイマー型ほど強くは出ません。特徴的なのは注意力が低下し、始終ボーッとしていたり、物事の遂行や実行機能の低下がみられます。例えば材料を用意して料理を作るなど、目的を決めて完成させる日常生活に直結するような機能が障害されます。そして、アルツハイマー型は一定の割合で症状が進行しますが、糖尿病性だと進行はそれほど早くありません」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >