2017/09/23 07:00

70歳になった弘兼憲史氏が「友人は5人で十分」と主張する理由

弘兼氏は「男も料理は自分でやるべき」と語る
弘兼氏は「男も料理は自分でやるべき」と語る

 漫画家・弘兼憲史氏は70歳になったが、昨年上梓した『60歳からの手ぶら人生』では、「弘兼憲史、身辺整理始めました」と宣言。体の機能だけでなく、収入や交友関係など、さまざまな面で下降トレンドに入った60代に、サラリーマン時代の名刺やスーツといった持ち物を半分捨てて、人間関係についても身軽になることを勧めた。

 交友関係も、どんどん減らしたほうがいいという。

「深く付き合う友人は5人くらいで十分です。この歳になると、友人やその奥さんが亡くなったり、友人のお子さんが結婚したりと、冠婚葬祭がずいぶん増える。長生きすればするほど、交友関係が広い人は、大して親しくない人にまで、たくさんお金を払うことになります」

 70代は、人間関係の整理整頓も、さらに進めていく時期だという。

「究極は、一人暮らしすること。完全な一人暮らしではなくても、夫婦がお互いに“家庭内一人暮らし”をするのでもいい。家庭のなかでも自分の世界、部屋を持つと、それは一人暮らしと同じです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >