2017/09/24 07:00

高齢者は人間関係のスリム化を そのために必要な備え

年を取ったら人間関係はどう整理すべきか
年を取ったら人間関係はどう整理すべきか

『黄昏流星群』『島耕作』シリーズなどで知られる漫画家の弘兼憲史氏は70歳を迎え「人間関係のスリム化」を説く。要するに、その年齢になってまで広範な人間関係を維持することには無駄が多いし、余計なカネもかかるという意見だ。同氏はさらに、配偶者と同居していても「家庭内一人暮らし」を検討すべきと説く。

 ただし、それを提案する弘兼氏のように“人間関係をスリム化した70代”になるためには、最低限必要な「備え」がある。

 著書に『親には一人暮らしをさせなさい』がある民生委員の三村麻子氏は、こうアドバイスする。

「一軒家の場合は両隣と前後の家には、自分が一人暮らしであることと、何かあった時に連絡する家族や親戚の連絡先を知らせておく。実は、一人暮らしであることを周りにきちんと伝えていない人は多く、近隣の方が異変に気付いても家族に連絡が取れずに初動が遅れてしまうことがあります」

 家族の立場からすれば、“一人にしておくのは心配。一緒に暮らしたほうがいいんじゃないか”と考える。「最低限の備えがある」と説明できることが、煩わしい家族関係からも解放されやすくなる条件だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >