2017/09/30 07:00

あの棋士も食べている「食べに行ける将棋メシ」東西5選

「千寿司」の上にぎり
「千寿司」の上にぎり

 藤井聡太四段の活躍などにより、将棋が大ブームになるとともに棋士たちが食べる「将棋メシ」が注目を集めている。著名棋士たちが実際に食べている、5つの店を紹介しよう。

●千寿司(東京・渋谷区)

 東京・将棋会館から300メートルほどの場所に位置する寿司店。1957年に創業し、1976年に会館ができた当初から出前を届けてきた。築地で仕入れた新鮮なネタを使うにぎりが特徴で、特に加藤一二三九段が愛する大トロが入った特上にぎり(税込2800円)や上にぎり(税込1780円)がよく出前される。にぎりと同じネタを使った各種ちらしも人気。

 佐藤天彦名人が特上にぎり寿司を注文することが多い。若手の永瀬拓矢六段が昼夜で上にぎり寿司と納豆巻を食べることも。

【住所】東京都渋谷区千駄ヶ谷3-14-1
【営業時間】平日11時半~15時、17時~22時半、土曜は20時半まで
【定休日】日、祝

●和風そば処 みろく庵(東京・渋谷区)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >