2017/10/01 16:00

漢方医療のご意見番推奨、弱った胃腸には根菜せいろ蒸し

弱った胃腸は温野菜で体の中から温めるべし(写真/アフロ)
弱った胃腸は温野菜で体の中から温めるべし(写真/アフロ)

 秋の気配が強くなってくると、ムクムク湧いてくるのが食欲だ。季節の変わり目は体調を崩しやすいものだが、旬の野菜を上手に摂ることで、健康的に過ごせるのだという。では、何をどう食べればいいのだろうか? “漢方医療のご意見番”・丁宗鐵さんオススメの秋野菜の食べ方について聞いた。

「秋の体調不良の主な原因は、夏の間に冷たいものを食べすぎた結果、胃腸が弱っているところにあります。胃腸が虚弱で体力がない人は、体を温める作用を持つ、秋の根菜類を中心に食べること。ただし、生野菜は体を冷やしてしまうので、かならず加熱を。そのまま蒸す温野菜やおでんなど、煮炊きするのもいいですよ」

 大根は消化酵素を多く含み、生で食べるといいといわれるが、胃腸が弱っているときにはNG。加熱すると、胃にやさしく作用する。また、野菜の栄養は、皮のあたりに集中している。できるだけ皮をむかずに調理をすると、栄養を逃すことなく、加熱による損失も抑えられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >