2017/10/10 16:00

「ももクロ」でいじめが起こりにくい理由 中野信子氏が分析

脳科学者の中野信子氏
脳科学者の中野信子氏

 2017年3月、文部科学省が「いじめの重大事態の調査に関するガイドライン」を策定した。これは、2013年に「いじめ防止対策推進法」が施行されたにもかかわらず、自殺のような「重大事態」が減らないことを国が憂慮したことがきっかけだ。しかし、取手市、仙台市のいじめ事件等、いじめを苦に自死を選ぶ子どもは後を絶たない。さらに大人社会においてもいじめの事件は多い。『ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館新書)の著者で脳科学者の中野信子氏は、「いじめはヒトという種の脳にプログラミングされた機能であり、なくすことは困難である」と語る。いじめのメカニズム、そしてその回避策を脳科学の観点から聞いた。

──脳科学の観点から分析すると、なぜ「いじめ」はなくならないのでしょうか?

中野:いじめは子どもだけでなく、大人の世界でも、時代や国を問わず存在します。近年進められている研究によってわかってきたことは、いじめという行為は人間が進化の過程で身につけた「機能」なのではないかということです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >