2017/10/14 16:00

インスタ映えを過剰に意識したある読者モデルの末路

スマホで手軽に画像を修正できる
スマホで手軽に画像を修正できる

 画像投稿SNSのInstagram(インスタグラム)人気が高まるにつれ、「インスタ映え」という言葉も広まった。ファッション関係に人気が高いこのSNSでは、数多くのモデルが競い合うようにフォトジェニックでオシャレな、インスタ映えする自撮りを投稿し続けている。インスタ映えする自撮りへの執着から起きる様々な問題について、ライターの森鷹久氏がリポートする。

 * * *
「正直、ちょっと異常かなと思います。旦那さんもお子さんも気の毒で……」

 現役読者モデルのマユミさんがこういって見せてくれたのは、知人の読者モデル・A子の「インスタグラム」の画面だ。そこには、まさに「インスタ映え」するような場所で撮影された人物やモノの画像が溢れんばかり。現役の「読モ」であることを鑑みれば当然だが、筆者のようなオッサンからしてみれば、まあよくも毎日毎日、こんなに投稿することがあるなと感心するばかりだ。

 世の中の多くの若者が、いや、主婦や中年女性にもインスタグラムにおしゃれな写真をアップし続ける人が多いというのだから、筆者が時代についていけないだけか。一方で、インスタ映えさえすれば、立ち入り禁止の危険な場所に入って撮影したり、綺麗で可愛く盛り付けられたアイスが撮影後に食べられることなく破棄されたり、などといった問題もあるようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >