2017/10/21 07:00

スマホ老眼を防ぐには── 1時間に一度離れた時計見よ

画面を見続けるのは危険
画面を見続けるのは危険

 スマホを長時間使用し続けることで、あたかも老眼のように、目のピントが合わなくなってしまう「スマホ老眼」という、身近で怖い目の病気が流行り始めた。

 今、「スマホ老眼」が急に社会を騒がせ始めているのは、シニアに限らず10代からのあらゆる世代で発症するからだ。では、どうすればスマホ老眼を防げるのか。

 もちろんスマホの使用時間を減らすことが先決だ。厚労省が2002年に改訂した、IT技術者向けに示した労働指針「VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン」で連続作業時間1時間を超えないことが望ましいとしたが、同様に、時間制限を主張する医師も多い。吉祥寺森岡眼科の森岡清史・院長が語る。

「長時間のスマホ視聴を抑えるだけでなく、スマホを見ている途中にいったん視線を離し、窓の外の看板や離れた場所にあるものを意識して見るのが重要です。視線をずらすことで、こわばった毛様体筋をリラックス、ストレッチさせる効果が期待できます。例えば、5秒間スマホを見てから5秒間、3メートル離れた時計を見る。これを1分繰り返しましょう。最低、1時間に1回の割合で行ないましょう」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >