2017/10/22 07:00

建築家・安藤忠雄氏 がんから生還し「何があっても凹まない」

あくまで安藤氏は挑戦を続ける
あくまで安藤氏は挑戦を続ける

 コンクリートの壁面いっぱいに切り込まれた十字架状の窓から、薄暗い聖堂内に柔らかな自然光が浮かび上がる──建築家・安藤忠雄(76)の代表作のひとつ、「光の教会」だ。

 生まれ育った大阪で1969年に安藤忠雄建築研究所を設立してから半世紀。1995年には建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞し、世界の“ANDO”となった今も大阪を拠点に活動する。

 取材中も、幾度となく「私ひとりではない。それぞれの能力を発揮してチームで仕事をしている」と口にするのが印象的だった。事務所に飾られた所員全員と並ぶ写真はその象徴だ。

「25人のメンバーで国内20件、海外35件の建築プロジェクトを進行中です。皆でやるからこそ、この人数でも前に進む。

 残念ながら私が育った時代と違い、今の日本には組織がありません。人と人との繋がりが希薄になっているけれど、ここにしかいない個人が集まって、ここにしかないチームや作品が生まれるからこそ、面白い社会になるのだと思う」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >