2017/10/20 11:00

空耳増えて面倒と言われた男性 認知症の初期症状だった

「え? 何?」が多くなったら要注意
「え? 何?」が多くなったら要注意

「家族はみんな、“お父さん、最近空耳が増えて面倒ね”と適当に流していました。それがまさか、認知症の初期症状だったなんて……」

 そう肩を落とすのは、千葉県在住の60歳の主婦だ。2歳年上の夫は、50代半ばで耳の聞こえが悪化した。

「テレビを観ていてもやたらと音量を上げるようになり、家族が何も話していないのに、『え、何か言った?』と聞くことが増えた。帰省した娘に“そこのお菓子取って”と言われ“お箸”を渡そうとするなど、その頃は笑い話で済んでいたのですが……」

 夫の聞き間違いはどんどん酷くなり、それとともに無口になっていった。定年後は自宅に引きこもるようになり、やがて物忘れが激しくなったという。

「結局、夫は認知症と診断されました。医師から『耳の異変が最初の兆候だったと思う』と告げられてショックでした」

 これは決して特殊な例ではない。今年7月、英国の医学誌『ランセット』に発表された論文は、「中年期(45~65歳)の聴力低下」を認知症の最も大きなリスク要因に挙げた。さらに「中年期に耳が悪くなると、9~17年後に認知症が増える」と警鐘を鳴らしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >