2017/10/22 07:00

働きが異なる8つの「脳番地」がある脳、発見までの道のり

医師・医学博士の加藤俊徳さんが8つの「脳番地」を解説(写真/アフロ)
医師・医学博士の加藤俊徳さんが8つの「脳番地」を解説(写真/アフロ)

 あなたの脳はオンリーワン。日々、成長し、変化し続けているので、昨日の脳には二度と会うことはできませんと言うのは、『悩まない脳の作り方』(辰巳出版)の著者で、医師・医学博士の加藤俊徳さん。脳科学を専門とし、MRIによる脳画像解析で、胎児から高齢者まで1万人以上の脳と向き合ってきた加藤さんが、脳を生涯の研究対象に選んだのは、そもそも自身の“悩み”が原因だった。

「私は子供の頃、文字を読もうとすると、なぜか絵のように見えてしまい、うまく読めず、音読もできずに人前では赤面してばかり。これが私の悩みでした。心理学の本を手当たり次第に読んでみましたが、解決方法はわかりませんでした」(加藤さん・以下同)

 そこで、医学部への進学を決意。26才で医師となり、脳科学を専門とする研究の道に進んだものの、加藤さんの悩みは晴れなかった。だが、そんなある時、自身の脳のMRIを見て驚いた。

「私の脳は、左脳の言語を読み取る部分がかなり未熟でした。そのため“言葉を読むこと”が苦手だったんです。脳を見たら、悩みの原因が明らかでした」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >