2017/10/22 16:00

千年前の医書、婦人病は男性疾病より10倍治療困難と指摘

医心方の概要が綴られた「『医心方』事始」(藤原書店)
医心方の概要が綴られた「『医心方』事始」(藤原書店)

 日本には有形文化財のうち、国宝に指定されているものが約1000件ある。そのなかで、日本に現存する最古の医学書とされているのが『医心方』だ。この6月に、概要書ともいえる「『医心方』事始」(藤原書店刊)が発売され、にわかに注目が集まっている。

《女性は嗜欲(たしなみ好むこと)が男性より多いので、男性の倍も病気に罹りやすい。その上、慈しみぶかく、恋の愛憎や嫉妬、憂いや深い恨みと怒りにこだわって、堅くしっかりとした気持ちを支えていることができなくなる》(以下、《》内は『医心方』・筑摩書房刊より引用)

「婦人諸病篇」と題された巻二十一第一章に、諸病の原因として綴られた言葉には、現代となんら変わらない女性のホルモンバランスの乱れや不安定さが色濃く浮かぶ。

《妊娠、出産による不調という特殊性によるものである。このために婦人の病気は、男性に比べて十倍も治療がむずかしい》(同)

 当時の女性は10代半ばでの結婚、出産が当たり前だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >