2017/10/24 16:00

老眼鏡は老眼の度合いがそれほど大きくない40代から使用を

老眼鏡は40代から使い始めよ(写真/アフロ)
老眼鏡は40代から使い始めよ(写真/アフロ)

 近頃の老眼鏡は、複数の距離にピントを合わせられ、見た目もおしゃれな累進屈折力レンズを用いている。これまで「老眼鏡はちょっと…」と手をこまねいていた人にとっては画期的なメガネといえる。

 だが、“弱点”も存在する。都内在住の50代主婦がこんな悩みを吐露する。

「『遠近両用メガネ』を使っているんですが、遠くから近くに視線を移す際、ゆがみが気になって気持ち悪くなってしまうんです」

 この「ゆがみ」を生み出している正体は、遠用と近用の度数の差を指す「加入度数」である。この数値が大きいほど、視点を急に変えたときにゆがみは生じやすくなる。

「初めて累進屈折力レンズを使う人は加入度数+2D(Dは屈折力の単位)以上だと慣れるまで時間がかかってしまうとされています。どうしてもゆがみが気になり、見た目が気にならないのであれば、『二重焦点レンズ』を使ってみるといいでしょう。このレンズに慣れている高齢者には、二重焦点レンズを使い続ける人も少なくありません」(『東京メガネ』の認定眼鏡士の我妻三朗氏)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >